経験値がほしい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大日本サムライガール 6 (星海社FICTIONS) 感想

大日本サムライガール 6 (星海社FICTIONS)大日本サムライガール 6 (星海社FICTIONS)
(2013/07/17)
至道 流星

商品詳細を見る


知らず知らずのうちに周囲から高評価を得る、お話


【簡略ネタバレストーリー】
 アメリカ大使館では、日米親善ビールパーティーが行われていた。そこへ現れたのは、DIAのクルス大佐だった。だが、壮司が会わせたい人物は彼ではなく、CIA東アジア支局長のローガンだった。ローガンの妻リリィと娘のメアリーも同席しており、メアリーは大ファンである日毬の参加を喜んでいた。
 ローガンから、日毬は中国政府から狙われていることや、CIAの立場が弱まっていること、壮司がCIAの諜報員であることを知らされる。そして、今回の目的は日毬とのパイプ作りであり、日本政府中枢への手助けもするというものだった。
 とりあえず、話を持ちかえることにした日毬の前に、クルス大佐が現れ、彼も日毬とのパイプ作りを望んでいた。
 帰りに、壮司がCIAに所属しているのは、いつの日かそれが日本のためになることだと思ったからだと知らされる。
 その二日後、クルス大佐からファッション交流会の誘いがきた。大使館に赴くと、そこで在日アメリカ大使のバーンズと対面し、アメリカが中国との戦争の可能性を視野に入れていることを聞かされる。しかし、そうなると日本も戦争に乗り出さなくてはならなくなるので、そのためにも富国強兵を訴える日毬の後押しをしたいとのことだった。
 このことは由佳里にも打ち明け、現状は保留で進めることに決まった。
 日毬と颯人は、深見、官房長官の持統、自友党総裁であり内閣総理大臣である桐生匡俊と会談を設けることになった。そこで桐生たちは、日毬に自友党に所属してもらいたいという旨、日本は日中関係の修復を望んでいること、しかしアメリカには逆らえないことを話した。対する日毬は、日本大志会と自友党の対等合併、そして日毬の自友党総裁就任が条件だと言い放った。もちろん即決されることはなかった。
 その後すぐに、民政党の神内がアポを取ってきた。彼の言うことは、ただ政権に返り咲きたいだけであり、そのためには日毬と党首にしてもいいと、むしろ乗り気で即決してきた。そのあまりの考えなしな決断に、日毬は呆れてしまう。
 各方面からアプローチを受けた日毬だが、颯人たちとの話し合いを経て、どこか一つと結びつくには早計だと判断した。
 一方で、杏奈プロジェクトのドーナツ屋は大繁盛していた。そこで、杏奈は別事業として、千歳を売り出すために自主製作番組をネットで無料放送することを提案し、颯人もそれを許可した。
 「アイドルの何気ある日常!」は、第1回から好調で、第2回には由佳里が登場し、その由佳里のキャラに目をつけたプロデューサーから連続番組として放送しないかという話を持ちかけられた。
 そこで、杏奈の提案により、由佳里をリポーターとして起用し、日毬、杏奈、栞、凪紗、そしてトリに千歳という順番で放送することが決まった。
 これによって、千歳の知名度は上昇したのは確かだった。
 しかしそれ以上に反響があったのは由佳里だ。出版社、新聞社、テレビ局などからいくつものオファーがやってきたのだ。由佳里は颯人からの許可をもらって、オファーを受けていった結果、ビジネス書はベストセラーとなり、その快活な性格もあってか、テレビでも人気を博し、いつしか働く女性の憧れの的となってしまっていた。ユカラーなんて言葉まで流行り出した始末だ。
 そこで颯人は、会社の宣伝のためにも由佳里を社長に、杏奈を新たな取締役に据えることにした。颯人自身は副社長に降格した。
 そんな由佳里の活躍を祝して、佐歩や森も含めた祝賀パーティーを開くことが決まった。もちろん、由佳里には内緒のサプライズパーティーだ。
 ホテルの宴会場を貸し切り、パーティーは盛大に催された。そんな皆の心意気に感極まった由佳里は、思わず涙をこぼし、嗚咽混じりに感謝の言葉を述べた。
 颯人も、普段通りに堅苦しくも由佳里の前途を祝したスピーチをこなし、ガラにもなく茶化した言葉で締めた。
 そして、恒例ともなった日毬の乾杯の音頭をとって、ひまりプロダクションの成功を祈りながら、パーティーは楽しさを増して行くのであった。


【感想】
 前半と後半の落差激しすぎ!
 前半は国内を飛び出して海外からのお呼びがかかったり、現実に即した外交模様が描かれていて、わかるようでわからないことが多かったよ。もっと高校で歴史について学んでいれば・・・地理じゃなくて世界史を選択していれば・・・!と思わずにいられなかった。
 ともあれ、壮司の謎や、国内の各政党の日毬への歩み寄りが顕著になっていて、面白味が増してきましたね。そこへCIAだのDIAが関わってくるのですから、政治というか国の中枢へ日毬が着実に侵食しつつあることが、物語の進展をわかりやすく伝えていると思います。 
 後半に関しては、千歳が不憫でしかない。
 千歳プッシュのはずが由佳里にスポットライトが当たってしまうとは。薄幸の美少女千歳。
 個人的にこの作品で一番好きなキャラが由佳里だったので、こうして彼女が活躍するようになったことが嬉しいやら寂しいやら、微妙な気持ちです。
 彼女には脚光を浴びるアイドルたちと対比するように、表舞台に立たずに、颯人に一番近くて少し遠い存在であってほしかった。ですが、やはり彼女のカリスマ性というか人を引き付けるような魅力があるからこその結果なのでしょうね。
 



きっかけ一つでたちまち隆盛してしまうのは、もはや至道流星さんの特徴ですね。・・・シャレじゃないよ?
スポンサーサイト
  1. 2013/09/16(月) 23:13:10|
  2. 星海社FICTIONS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ゴールデンタイム列伝 AFRICA (電撃文庫) 感想

ゴールデンタイム列伝 AFRICA (電撃文庫)ゴールデンタイム列伝 AFRICA (電撃文庫)
(2013/08/10)
竹宮ゆゆこ

商品詳細を見る


人を想う力に変えていける、お話


【簡略ネタバレストーリー】
○AFRICA
 八月後半に見てしまった、柳沢とリンダの二人連れの姿に、千波は動揺していた。
 思えば、7月末の映研の飲み会の頃から柳沢の様子はおかしかった。その日は師匠の歓迎会も兼ねたものだったのだが、1年のリーダーである柳沢は欠席していた。さらに、約束していたと思っていた美術館へのお誘いも袖にされたこともあった。
 そんな柳沢への不満を抱えるのは千波だけではなかった。3年の玲那は柳沢をボロクソにこきおろし、それに腹を立てた千波は玲那にキツイ一言を浴びせてしまう。
 そんなことがあったせいか、千波は柳沢の心の変化をわかってしまった。
 それから、千波の引っ越しの日、静岡へ帰る前日にも関わらず万里と香子が荷ほどきの手伝いにやってきた。そんな嬉しい時間も、玲那からの電話でぶち壊される。
 玲那主催の合コンで人手が足りず、香子を誘って来いという連絡だった。当然千波は断るが、来なければ文化祭で千波たちの映像を上映させないと言ってきた。
 悩む千波は香子に話そうとはしないと決意したが、千波の変調を察した香子によって白状させられる。香子は玲那のことが気に食わないと主張し、泊まりがけで合コンを破滅させる準備に取り掛かるのだった。
 そして当日。二人は気合を入れて臨み、試行錯誤して作成した臭い袋を炸裂させた。その激臭によって合コンはご破算。部屋の脱臭をして脱出した二人は、自らの悪臭を嗅いで馬鹿笑いしながら、千波宅へ帰っていった。
 そして香子が帰った後、千波は猛烈に彼氏が欲しくなった。それは帰って来てから聞こえた香子と万里の会話から刺激されて湧き上がった。千波は思わず柳沢へこの気持ちを打ち明けようとするが、途中で思い直してしまうのだった。


○ユア・アイズ・オンリー
 その日も、柳澤は怪しげなクラブでダンサーをしていた。仲良しのジェイ君と踊り明かし、休憩に入った。キャットウォークに登った柳澤は、客に振舞っていたテキーラを飲みながら、夏休みの事故についてジェイ君に話していた。その時、全身に塗っていたオイルで手が滑り、頭から階下へ落下してしまう。
 場所的に救急車は呼べず、社長に連れられタクシーで向うことになる。怪しげな格好の二人を乗せてくれるタクシーはおらず、しかしなんとか社長が武田鉄矢のごとくタクシーを止めた。
 結果、柳澤は頭を4針縫って、念のため1日入院することとなった。
 そして目を覚ますと、香子と二次元くんがお見舞いにやって来ていた。千波はバイトで来れないし、万里は今静岡だ。万里が静岡にいることが、柳澤にあることを惹起させた。
 それは2週間前のこと、何度も食事を重ね、猛アピールしていたリンダが静岡へ帰るということで見送りに来ていたのだ。だが、なんの手ごたえもないことにいらついていた。万里の話題を振ってみたところ、リンダの様子が変わった。だから執拗に万里との関係を聞いてみたら、険悪なままその日は別れてしまった。
 病室では万里の話題となり、万里に傷跡があることを、香子と二次元くんは知っていたことを知らされ、疎外感を感じてしまった。
 二人が帰った後、再び眠りについた柳澤は、香子からかけられた呪いのことを思い出していた。
 高3の夏。香子から逃げるため受験勉強に必死だった柳澤だが、ボンボンの友人たちからの誘いを断れず、豪邸のプールにやってきていた。しかし彼は泳がず、勉強に集中するのみ。
 そこへ、柳澤を探していた香子が取り巻きを従えてやってきた。取り巻きたちに場を荒らさせる香子だったが、けっつまずいてラズベリータルトに顔面から突っ込んでしまった。
 格好のつかなくなった香子は立ち去ろうとするが、去り際に、香子を裏切ったら「落ちる」という3つの呪いを柳澤にかけて帰った。
 目を覚ますと、もう夜中だった。それから、リンダの行く先と万里の実家を思い出して、新幹線の停車駅などを照らし合わせると、万里とリンダの実家が同じことを知った。
 退院後、万里に電話をしてみたが、何も聞くことができなかったのだった。
 

○束の間の越境者
 ストーカー女王である香子は、静岡に帰省している万里に会えない寂しさから、万里の郵便受けを確認するという名目で、万里宅までやってきて、なんだかんだで合鍵をつかって不法侵入してしまう。
 万里の部屋でハッスルする香子は、ブリッジ状態で歩行するリアルエクソシストまでやらかしたところで我に帰った。
 が、その現場を窓からバッチリお隣のNANAに見られていた。それから香子はNANAの部屋に招かれ、エクソシストをライブで披露してほしいと頼まれる。もちろん断るが、万里に不法侵入をバラすと脅され、代替案として香子の恐怖体験や千波や柳澤、二次元くんに万里の恐怖体験も聞いて、ライブの参考にさせようとする。
 が、誰の恐怖体験も参考にならず、万里に至っては自爆して不法侵入がバレてしまった。
 すると、NANAはコンビニに出かけ、香子は留守番をすることになる。そこへ、どう見てもヤ○ザにしか見えにない男が押し掛けてきた。恐怖から香子はクローゼットに隠れたが、すぐに見つかってしまいそうになる。そこで、香子はエクソシストをかまして逆に男を驚かせて、蹴りやカバン攻撃でぼこぼこにしていたところを、NANAに止められた。
 実は、男はトモヤスで、香子の反応を見て、この一幕をライブに反映させようとしていたのだ。
 香子はすぐさま逃げるように帰って行き、万里の帰りを待ちわびるのだった。


【感想】
 今回もゆゆこ節が炸裂していましたが、『番外』のような爽やかなバカバカしさは控えめに、『外伝』のように恋愛模様の方に力が入っていたように思えます。
 それにしても、千波と香子の仲が『番外』以来急速によくなっているように思えます。それは、「ユア・アイズ・オンリー」で柳澤という第3者から見てもわかるほど顕著なものですし、「AFRICA」では友人以外の何者でもないように感じました。ああいう関係を、ある意味、親友や悪友と呼ぶことができるのかもしれません。とにかく、この二人が絡むととても面白い内容になっていました。
 そんな香子と仲良くなった千波も、柳澤が自分から離れてしまってから、彼がいることへの居心地の良さを実感してしまうあたり、彼女が恋愛に不慣れなことが伝わってきます。
 千波から慕われる柳澤は柳澤で、うまくいかないリンダへのアタックに業を煮やし、様々な想いが入り混じった怒りを万里へ向けそうになりますし、世の中うまくいかないものですね。
 こんな感じのシリアス分多めでしたが、エクソシストやクラブでのジェイ君のパンツや臭い袋のバカ騒ぎなど、ギャグ成分も十分に楽しかったです。
 ここ何冊か短編集挟んで本編、という刊行が続いているので、本編の進捗が遅れているように感じますが、こういったサイドストーリーを補完しながら進んでいく形式も面白味があっていいですね。
 万里とリンダが静岡で和解したことが、東京に帰って来てから周囲の人間関係にどういった影響を及ぼすのか、やなっさんと万里の友情はどうなってしまうのか、続きが気になりますね。
 



秋ちゃんマジメンヘラJKやで・・・
  1. 2013/09/16(月) 00:15:19|
  2. 電撃文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫) 感想

冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 4 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/07/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る


仲間が増える、お話


【簡略ネタバレストーリー】
 そこそこ順調に製作が進む中で、スクリプトを打てる人材がいないことに行きつき、やることのない加藤が自薦するも、結局は倫也がやることになる。
 そんな倫也が帰宅すると、従姉妹の氷堂美智留がやってきた。彼女は何でもそつなくこなせることができ、彼女が通う女子校ではバンドに取り組んでいた。それも本気で。そこで親に資金援助してみたものの、断られ、倫也の家に家出して来たのだ。
 視聴覚室でスクリプトを打つ倫也に、美智留からメールが届いた。それを偶然見つけた恵によって、なし崩し的に英梨々と詩羽にもばれてしまう。
 ある日、倫也は家で練習をする美智留の演奏に聞き惚れ、美智留にBGMの作成依頼をするも、もちろん断られる。
 美智留は倫也の知らないところで、すでに親の妥協を引き出していた。その中に、マネージャーとして倫也をつけることが含まれていた。けれど、倫也もゲーム製作で忙しいと断る。
 二人の要求はどちらも承諾しかねるものだった。
 このことを恵に相談しようとした倫也は、恵が隠れて作業していたスクリプトによるゲームの進行度を見せられて、心打たれると同時に、ボロクソになじられてしまう。
 そこで恵を呼び出して謝った。さらに美智留の曲を聴いてもらい、そこで打開策を見つける。
 倫也は美智留のマネージャーになることにした。他メンバーとの面談や演奏のための箱を見つけたりと、頑張ったのだ。
 そして本番直前、美智留は憤慨した。なぜなら衣装がコスプレだったからだ。
 もともと、他メンバーの森丘藍子、姫川時乃、水原叡智佳はアニソンバンドだったのだ。客ももちろんオタクたちだ。
 倫也の説得と、手引きもあり、ライブは成功した。
 この熱狂を知ってしまった美智留は、倫也の懇願もあり、これからも倫也がバンドのマネージャーを務めることで、BGMを担当すると約束するのだった。
 ライブの帰り道、英梨々と恵は、互いに名前で呼び合うようになった。




【感想】
 今度のヒロインは従姉妹でしたか。
 あれですね、従姉妹って妹の次に近くて遠いヒロインですよね。でも、いとこ同士は結婚できる、っていう完璧な負けフラグが立ってしまう先天的サブヒロインでもあるんですよねー。
 しかもその従姉妹である美智留が元気系クールビューティーだったところは個人的にポイント高いですよ。活発というか、開放的というか、そういった少しサバサバしたところのあるキャラって好みなんですよね。ちょとタイプは異なりますが、『紅の豚』のフィオとか、『神のみぞ知るセカイ』の歩とかもいいですよね。
 物語自体としては、着実に英梨々√に暗雲が立ち込め始め、詩羽√は徐々に進行し、恵√がやっぱり本命ですね。ようやく恵に萌えられるようになってきた倫也ですし、三つ巴から一騎打ちになっていくのでしょうか。
 話は進んでいないようで進んでいますね。夏コミ終わったら物語も終わってしまうんでしょうか?

 



あらすじ全然覚えてないのに書いたから、支離滅裂
  1. 2013/09/08(日) 22:10:00|
  2. 富士見ファンタジア文庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

けーけんち

Author:けーけんち
→Twitter
→読書メーター
ラノベとゲームの感想を中心に気ままに更新しているブログです。
※備忘録としても使っているので、ネタバレを含む内容となっているところがあります。
文章がおかしな点が多々あるとは思いますが、勢いだけで書いているので見逃してください。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
電撃文庫 (32)
ガガガ文庫 (17)
ファミ通文庫 (19)
富士見ファンタジア文庫 (8)
角川スニーカー文庫 (10)
集英社スーパーダッシュ文庫 (6)
講談社ラノベ文庫 (8)
GA文庫 (6)
星海社FICTIONS (9)
講談社BOX (3)
メディアワークス文庫 (4)
その他のレーベル (16)
ゲーム (7)
アニメ (2)
その他 (5)

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新トラックバック

RSSリンクの表示

応援

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
『‘&’-空の向こうで咲きますように-』 真剣で私に恋しなさい!S

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。